シボヘールの口コミに騙されたと思って購入しました!3ヵ月は続けてみよう・・・

シボヘールは葛の花由来イソフラボン配合サプリで飲み続けることでお腹周りのサイズや脂肪が減少する効果が立証されている機能性表示食品です。そんな大胆な宣伝文句を言っていいんだ!と最初はびっくりしましたが、口コミをリサーチしてみていると、痩せにくい年代の人でもシボヘールを1日4粒飲み続けて長年蓄積した脂肪を減らすことができたというから私も半分騙されたと思って買ってみました。

シボヘール

だんだんお腹に浮き輪がついてきたのでどうにかしなきゃな〜、スポーツクラブ行こうかな〜、でも契約したら「行かないといけない」という気持ちになって逆にしんどくなるしな〜。とうだうだしていた私にぴったりそうだったのがシボヘールです。

シボヘール

基本的に1日4粒飲み続けるだけみたいです。飲むタイミングはいつでもいいけど4粒を1度に飲むのが良いらしいです。

シボヘール

葛の花って最近話題になってきてます。自然由来の成分ってところが良いですね。

シボヘール

シボヘールを手に置いただけで結構香りがします。どくとくな健康によさそうな香りです。

シボヘール

シボヘールの臨床試験結果が書かれています。公式ページでも書かれていた内容ですが、改めて期待値が上がります。

シボヘール

葛の花がどう良いのかいまいち理解していなかったですが、このシボヘールと同梱されてた冊子すごいわかりやすいです。

シボヘール

とりあえずシボヘール12週間飲んでみます!

 

シボヘール

シボヘールの口コミをまずはリサーチした!

 

ビール腹を自覚していましたが、ついにパート先の健康診断でメタボ気味と言われいよいよ食生活を改善する必要がありました。しかし夫との晩酌が好きでやめられず、なかなかダイエットすることが出来ませんでした。
食事制限をしなくても脂肪がなくなる魔法のようなものでもないかなと半分冗談で探していたら、世の中にはダイエットサプリメントというものがたくさんあることを知りました。
もちろん、CMなどでもたまにこのようなサプリメントのことをやっているのは見ていましたが、気休め程度のものだろうと効果を疑っていました。
それでも食事制限も無理で運動も苦手なため、私のような人には必要なんだなと購入してみることを決めたのです。
中年期の脂肪対策に体験談でも評判の高いシボヘールが気になり申し込みました。
夫も効果を疑っていましたが、やらないよりはマシじゃないかと賛成してくれました。
食事前にシボヘールを飲むようにして、少しでも脂肪が体に蓄積されないことを祈りながら続けていたのですが、飲み始めてから代謝が上がったようで加齢で掻きにくなっていた汗を掻く頻度が増えました。
そして3ヶ月くらいすると、お腹周りの贅肉が落ち始め何年か前から穿けなくなっていたジーパンが入った時は本当に驚きました。
シボヘールのおかげで次の健康診断は自信を持ってのぞめそうです。


 

 

どうしても40代になると、体重は増えていないのにお腹周りがぽっこりして、薄着になると身体のラインが崩れているのが気になります。
これは、数あるダイエットサプリの中でも特にお腹周りの脂肪を落としたい人に人気があると言う、「シボヘール」を購入して試した体験談です。
最初はダジャレのようなネーミングと、初回がたったの980円という事で効果があるのか半信半疑でしたが、「シボヘール」は機能性表示食品だから安心だし、この値段でもし1か月間のうちに効果があればラッキーといった感じで飲み始めたのです。
体調に変化が出始めたのは飲み始めてから1週間頃で、この頃から便通が良くなり、今まで1週間に1度なんてことはざらだったのですが、2日に一度は出るようになりました。それにサプリを飲み始める前から2・3日に一度はウォーキングをしていますが、ウォーキング中に汗をかき始めるのが早くなり、またその量も増えているのを実感しました。
シボヘールは代謝を上げて脂肪の燃焼を促進させ、お腹周りの皮下脂肪や内臓脂肪を減らすサポートをしてくれるそうなので、この事なんだと感じたのです。
実際1ヶ月分の初回のサプリが無くなる頃には体重が3キロ、ウエストは6センチも減っていたので、とってもラッキーな商品に出会った気分でした。


 

昔から付き合いのある友達数人とランチに行き、長い時間話し込んでいる間にダイエットの話題になりました。
みんな中年という年齢に差し掛かり太りやすくなったよねと話していたのですが、その中の1人はしっかりと若い頃の体型を維持していてすごいねと褒めていました。
すると彼女は実はある時期にとても太ってしまい悩んでおり、様々なダイエットを試していたそうです。
その中で手軽で効果があるからオススメだと教えてくれたのがダイエットサプリメントのシボヘールを飲むことでした。
もちろん効果があるかには個人差があると思いますが、彼女の体験談を聞きスレンダーな身体を見ていたら羨ましくなりダメ元でチャレンジしてみようと購入しました。
見た目は普通の錠剤で薬のように飲むだけなので本当に手軽です。
結果を得られるまでは時間が掛かると言われていたので、気長に続けていたところシボヘールを飲み始めて4ヶ月後にだらしなく垂れてしまったお腹の肉がすっきりしていることに気付きました。
効果が出て来たんだと分かり感激しました。
正直シボヘールというネーミングがちょっと胡散臭いなと思ってしまいましたが、その効果は確実で試してみて本当によかったなと思います。


シボヘールが口コミでも人気のワケをまとめてみた

シボヘール

シボヘールが口コミでも人気な理由をまとめると以下の通りでしょう。

 

年齢に関係なく脂肪を減らせる

年齢を重ねると、基礎代謝などの体内機能が衰退していくため脂肪が燃えにくくなるといわれています特に40代以上になると代謝の低下が起きやすくなり、健康診断で引っかかる人も増えるとされます。

 

また、高齢に近づくにつれて脂肪が柔らかくなるため、下垂(たるみ)が目立つようにもなります。運動や食事制限など色んなダイエット方法を試したけど効果を得ることができなかった方は、シボヘールが有効。

 

内臓脂肪と皮下脂肪を同時に減らす

内臓脂肪と皮下脂肪が同時に減ることは、リバウンドする可能性を軽減させます。内臓脂肪と呼ばれる脂肪は胃などの内臓につくことが特徴で、目に見えるものではないのですが過剰になるとお腹が張り出します。他の部分は太っていないのにお腹だけ張り出している方は、内臓脂肪が多い可能性があります。

 

皮下脂肪は皮膚の下につくことが特徴で、増えると身に見えて分かります。基本的に柔らかいのですが、滞在期間が長くなったり血流などの流れが悪いと硬くなります。セルライトと呼ばれるものは皮下脂肪の組織が複雑に集まったもので、通常の皮下脂肪より落とすのが難しいとされます。シボヘールの効果を立証するための実験で、葛の花エキスを97人に試した結果として12週間で内臓脂肪が8平方センチ、皮下脂肪が13平方センチ減少したというデータがあります。

 

こだわった製法

こだわりの製法は古くから用いられる方法で、葛の花を使用したお茶を作る時に使う方法でシボヘールに配合するエキスを抽出しています。その製法名は葛花熱水抽出法と呼ばれており、温度の高い熱水で抽出することが特徴です。エキスを十分に出すまでには時間を要するため、手間がかかっています。

 

摂取の手軽さ

1日の摂取量が4粒なので、とても手軽です。飲む時間は自由ですが、栄養の消化吸収のことを考えると朝・昼・夜・寝る前又はおやつ時など決まった時間に飲むと良いです。

 

機能性表示食品

機能性表示食品というのは化学的な根拠に基づいた効果が認められている食品につけられる表示のことで、これを飲むことでこのような効果があるという内容をうたうことができる食品です。

シボヘールは葛の花配合サプリ!そもそも葛の花の効能って?

シボヘール

シボヘールに用いられている葛の花は、マメ科クズ属に分類される多年草です。つる性のため、成長が進むと10メートル以上伸びていきます。春の七草の一つでもあるため日本では知名度が高く、花は紫色であることが特徴で根っこの方は漢方として古くから使用されています。根っこが健康に良いことは漢方のお陰で昔から知られていますが、最近は花にも良い効果があることが明かされています。

 

葛の花にはイソフラボンが含まれており、その特徴としては脂肪に働きかける作用があることで、シボヘールの効果を立証する成分でもあります。

 

脂肪との闘いに於く流れ

  1. まず脂肪が作られることを防ぎます
  2. 余分な脂肪は消費されなかったエネルギーなので、摂取カロリーの量が1日のエネルギー消費量を上回る日が続くと、脂肪が増えていきます。使われず体内に残ったエネルギーは肝臓によって中性脂肪となりますが、葛の花のイソフラボンはエネルギーが脂肪になるメカニズムを防ぎます。

     

  3. 現在ある脂肪の分解を促進する働きをします。
  4. 脂肪がエネルギーとして活用されるためには、活用の前に脂肪から脂肪酸へ変化する必要があります。脂肪酸になることで活動エネルギーとして用いられるようになり、活動によって脂肪が減るようになります。葛の花に含まれるイソフラボンは脂肪が脂肪酸になる段階をサポートし、エネルギーとして消費されやすくなるよう促します。

     

  5. 消費
  6. 脂肪酸にしたら次は消費となりますが、葛の花のイソフラボンは消費及び燃焼のサポートも行います。脂肪酸が消費される際に必要となるものが褐色脂肪細胞と呼ばれるもので、葛の花イソフラボンはこの細胞の働きを助けます。サポートを受けた褐色脂肪細胞は活発になり、脂肪酸を燃焼させる効率が上がります。

     

    シボヘールのメインとなっている葛の花由来のイソフラボンは、脂肪が作られる段階から脂肪が燃焼されるまでの段階まで全面的に効果を現すことが特徴です。

    作られる段階では、作られないようにエネルギーから脂肪に変換するメカニズムの邪魔します。脂肪が燃焼されるまでの段階では、燃焼の前に脂肪を脂肪酸にすることを促し、脂肪酸になったら燃焼するようにサポートをします。

     

    葛の花は日本で古くから親しまれているため、安全性についても信頼性が高い植物です。花のエキスを用いるのは比較的最近の話ですが、古くから用いられている製法でエキスの抽出を行っていることも安心感につながっています。

シボヘールが属する機能性表示食品!特保の違いとは?

シボヘール

シボヘールは機能性表示食品といわれても、機能性表示食品のことを理解していない方も多いようです。機能性表示食品に似た特定保健用食品と呼ばれる表示も存在しますが、この二つは違いがあります。

 

 

  • 特定保健用食品
  • 特定保健用食品は、略してトクホと呼ばれることもあります。この表示を許されている食品の外装特徴として、人が背伸びをしているトクホのマークが付けられています。トクホは消費者庁長官による許可が必要で、許可の前に審査が入ります。認められる特徴としては、販売する製品で人による実験を行って安全性や危険性の確かめを行い、科学的な根拠が示される食品です。国の審査及び調査が介入しているので、販売する事業者の情報公開は義務付けではないです。

     

  • 機能性表示食品
  • 一方の機能性表示食品には、トクホの背伸びマークのような定められたマークはないです。表示特徴としては、マークではなく文字で機能性表示食品と書かれていることが多いです。機能性表示食品は消費者庁の許可が必要なく、販売する事業者が自ら消費者庁に情報や書類を提出します。提出する内容は、販売する製品で人を用いた実験を行った結果又は科学的な根拠に基づく文献の引用などで効果を示したものになります。消費者庁長官による許可を受けたものではないので、販売する事業者が製品の情報公開をすることが義務付けられています。

違いをまとめると、特定保健用食品(トクホ)は消費者庁長官が許可を出す・効果を人体実験と科学的根拠で明確に示す・情報公開の義務はない・マークがある、機能性表示食品は消費者庁に書類を提出する・効果は人体実験又は科学的文献の引用で示す・情報公開が義務・マークがないという違いがあります。機能性表示食品の提出や特定保健用食品の認定がされている製品は、消費者庁のホームページにて確認できます。

 

シボヘールは機能性表示食品で消費者庁長官の許可を受けていないため特定保健用食品より劣るという見方をされる方もいますが、それは違います。安全性や効果が確認できないものは、消費者庁に提出できないからです。機能性表示食品は安全性の証拠として情報を公開が公開されるので、誰でも自由に確認できます。自分に合わない物質が配合されていないかも、確認することができます。

 

機能性表示食品の中には実験をせず文献を引用しているだけのところもありますが、シボヘールは研究や製造の段階で安全性にかなり配慮しているため、安全性・信頼性は高いメーカーとされます。

 

葛の花サプリは他にもあるけどシボヘールを選ぶ理由とは?

シボヘール

シボヘール以外にも葛の花のイソフラボンを取り入れた製品が存在しますが、その中でもシボヘールが選ばれる理由は安全性と値段にあります。シボヘールを含めた葛の花サプリは脂肪を減らすことが一番の特徴であり、内臓脂肪も皮下脂肪もサプリを摂取するだけで落とすことがうたわれています。

 

製品によって値段が異なり、シボヘールは定期購入であれば2600円ですが他の葛の花サプリではおおよそ3000円以上が多いです。シボヘール通常購入の場合は2980円ですが、サプリメントは栄養補助食品として毎日摂取することで効果を実感しやすくなるので、定期購入がおすすめです。

 

シボヘールは製法にこだわっていることから、日本の工場で作っていることも人気の理由です。日本は安全性の管理がとても厳しいため、世界的にも安全性が認められている国です。健康のために取り入れるアイテムは安全性を重視する必要があるので、日本で作られているシボヘールは葛の花の力を知る人たちに注目されます。

 

シボヘールを製造している工場は、略してGMPといわれる品質管理基準が認められている工場です。GMP製造所は医薬品を製造できるレベルの工場であり、品質管理基準を満たしていることを指します。医薬品は製造に於いて最も安全性が指摘されるものなので、医薬品も製造できるくらいの品質管理基準のある工場は、ハイレベルの工場をいわれています。

 

シボヘールの開発に携わる人たちは、エキスの抽出方法からサプリとしての製造まで安全性を考慮しています。効果の他に安全性も質の良さにつながるものなので、体に良い成分が入っているといっても安全性が確立されていない製品は危険であり、場合によっては逆効果が現れる可能性もあるといわれています。

 

シボヘールの安全への配慮は行き届いているものなので、葛の花由来のイソフラボンによる脂肪燃焼効果を試してみたい方は、シボヘールがおすすめです。

 

また、他の葛の花サプリメントで効果を感じられなかった方もシボヘールを試してみると良いと思います。

 

他の葛の花サプリとの違いを実感できたら体に合っている証ですが、もし効果が実感できない場合は生活習慣の見直しも大事です。

 

サプリメントはあくまで栄養補助をする食品なので、頼り過ぎは禁物です。生活習慣を見直した中で脂肪燃焼をサポートする存在として、活用します。シボヘールを摂取する前は運動しても効果なしだったけど、摂取してからは脂肪燃焼サポート効果から運動で脂肪が燃えやすくなる可能性があります。

 

シボヘール